データ復旧物知り情報ナビゲーション

"通常の内蔵HDDやUSB接続の外付けHDDと違って、複数台のHDDを1台のHDDとして認識させるRAID構成のHDDや、ネットワーク接続型のHDD(NAS)は特殊フォーマットなので、論理障害の場合でも市販のデータ復旧ソフトでは対応できません。障害には大きく分けて「論理障害」と「物理障害」があります。

 

次に「物理障害」ですが、これは文字通りハードディスクが壊れている状態です。ハードディスクのデータ復旧と一口に言っても様々な症状があり、それぞれの症状によって対応が異なります。

 

物理障害と比べると軽快障害と言えますが、軽やか障害だからといってデータ復旧が簡単というわけではありません。市販のデータ復旧ソフトで回復できるケースも多数ですが、データ構造が大きく破損している場合は、無理に復旧を試みると状態が悪化する可能性があります。

 

落下させたり、水没させたりすれば当然物理障害になりますが、通常通り使用していても基盤やヘッドの障害など物理障害が発生するケースもあります。まず、「論理障害」はハードディスクそのものの故障ではなく、中のデータ構造の障害や誤ってデータを削除した場合が該当します。

 

プロのデータ復旧業者に相談しましょう。"


ホーム RSS購読 サイトマップ